このブログを描き始めた頃は、紙に描いた漫画を写真に撮ってUPしていました 第1話は→こちら

その後、手頃なお値段の板タブをゲットし、デジタル画にも慣れてきましたが…
またもや絵を描く道具を一新しました 

では、せっかく描けるようになったのになぜまた道具を新しくしたのか
それを描いて行きたいと思います


初めて買った板タブをMacBookに繋げて描いていたのですが、 これが結構疲れます 。
PC画面に写し出される線を見ながら、視界に入らない手元にも集中する必要があります



【板タブで疲れてしまった事】
①歪まないようにゆーっくり描くので、スピードが遅くなる。

②画面と手元が離れていると、描き始めの位置をまず探さなければいけないので、思いのほか作業効率は落ちる。

③細かい物を描くのはとても難しい!なかなか思ったように描けない。


そういうわけで、直接描ける『液タブ』にずっと憧れていました
板タブと液タブの違い 
 





電気店に行っては液タブ展示コーナーで描き心地を確かめる


本当に購入するかは別として、人気の液タブをリサーチ
もし買うなら安くていい!一番安くてイイの、私

安価な液タブ:10万

「ぶおー!!たけぇー!!」
「収入もないのにダメだわ、板タブ壊れるまで使うわー…」 


「効率上がるなら、買ってもいいんじゃない?」
「どーせいつかは買うんでしょ?」   


「うん」 


「んじゃ今買えば」
もう少しお金出せばタブレットPCとしても使える物もあるみたいよ」 




「なにそれ良いじゃん!!」 
「今のままでは、なあさんのMacを占有してて悪いし、それ1つで完結するんだったら絶対いい!!お金貯めよう〜!」 

「まあ待て…。高い買い物なんだからもっと調べんかい」 


「ボリボリボリ…」


「………」



そして なあさんが見つけて来たスーパーアイテム     



Apple pencil
iPadPro専用のスタイラスペン


調べれば調べるほど、高評価なiPad ProとApple pencil! 

イラスト専門のタブレット製品でさえ、感度の遅延が見られるのに対しiPadとペンシルは新規参入なのに抜群の操作性だという噂…。

Q1:iPadでちゃんとした絵は描けるのか

A:描けます このアプリ…無料ですよ
           本格的です!レイヤーも重ねられ、ツールのバリエーションも文句なしです
           スマホからだって描けますよ〜
           どうやって収入得てるんですかメディバンさん

              

Q2:今までPCで使っていたイラストソフトは使えないの?

A:使えます これさえあればね
アストロパッド 3600円
            

「すごいわー!薄いiPadでやりたい事全部できるのねー!」 


「もし気に入ったお絵描きアプリがなければ、PCと繋げて高感度の液タブとして使う事も可能…という訳か…」
「にしてもアストロパッド高いぞ!! 」         


「iPadなら僕も使えるし、いいんじゃない?」


「でもお値段が…ペンシルも買ったらいちばん安い液タブより高いし…」
「まだ買わなくていいや…」


「ふーん…」




「いらっしゃいませー!」


「試しに触ってみるだけなんだからねっ!」
「うわあぁぁ〜!!氷の上を滑らせているみたいにトゥルトゥルした描き心地!!」


「おおぉぉ〜!」


「おもしろいですよね〜」
「で、何色にします?」


「何色にします?だとぉ…?」


「スペースグレーでお願いします!!」


「ありがとうございまーす!」


「ちーん」



何色にしますかってなんだよ (笑)
まだ買うって言ってないよ (笑)
うまいな…。

 
こんな感じで描いております

長々と書きましたが、タブレットでお悩みの方への参考になれば嬉しいです

私はiPadを選んだけれど、人それぞれ好みがありますからiPadが最高〜!という訳ではありません。
やっぱりプロはイラスト専門液タブを使っているのだろうし。
是非お店で触って比べてみてね


それでは〜