話の始まり→こちら
イケメンに救助された
イケメンに助けられた2

「うーん…」と唸って目を開けた瞬間イケメンが光の早さで現れました。
スノボ仲間も現場を見てたのですが、場所的に助けにこれず…というか、イケメンの行動が早すぎた!

ここまで、なあさんの出番なし…。

なんか最近色ボケしててすみません…。


気が向いたら押してくだせえ
にほんブログ村 漫画ブログ コミックエッセイへ
にほんブログ村